本日のおいしい出来事。

たべもの記録や旅行記。※すべて個人的感想です

パティスリーリョーコ モンブランアントルメ:高輪台

 

本日の美味しい出来事は高輪台駅から徒歩5分ほどにあります。

パティスリーリョーコの大迫力モンブランです!

f:id:quatreheures:20191102140236j:image

f:id:quatreheures:20191102135507j:image

アントルメ14cmですが、縦に大きいのですごい迫力です...!

マロンクリームがドレスのような絞りが特徴的で素敵。

 

受け取りたい日は焼きリンゴのタルトが売り切れてしまったので、アントルメでモンブランは躊躇していましたがついに予約してしまいました。

 

そしてお店を改装が終わりこんな可愛らしい姿に

f:id:quatreheures:20191102135704j:image

(他のお客様のお顔が写ってしまっているので消してます。)

 

f:id:quatreheures:20191102135741j:image

栗の渋皮煮が写真よりもごろごろトッピングされていて嬉しい。

この渋皮煮がほっくりしっとりですごく美味しい。

 

切ってみるとこんな感じです。

ケーキサーバーで持ち上げるときの重さがすごいです。

f:id:quatreheures:20191102135851j:image

上のマロンクリームはねっとりと濃厚ですが、甘過ぎず、下はゆるめの生クリーム。

リョーコさんの生クリームは美味しいのでやっぱりこの部分だけでも美味。

そこにふわっとした軽めの和栗のシブースト

ラム酒は思っていたより控えめなムースリーヌ。

卵感は強めかな?カスタードよりでした。

 

土台はメレンゲや、タルトではなく、公式だとアーモンドベースの軽い生地と書いてありましたが、食感はむっちりと弾力があり、ダクワーズのような軽い生地を想像していましたが、それとは少し違いました。

でもこれだけの重量のあるマロンクリームを支える土台...それはこれくらいしっかりしてないとだめだよね、と納得です。

 

このもちむちっとした生地も個人的にはアリです!

リョーコさんタルトも色々種類出しているので、タルトでも良いのかなと思いましたが、タルトだとバターなどの油脂感が強くなるのでモンブランでアントルメだとかなり重くヘビーな印象になるのでこの生地なのかも、、とにかく美味しいです。

 

f:id:quatreheures:20191102141702j:image

 

ただこのムースリーヌの部分がなかなか溶けてくれずアイスケーキのような感じでいただいてしまったので同じものを食べた方と感じ方が異なっていると思います。

 

持ち帰りの時間も1時間くらいはあったのですがなぜでしょう…

ムースリーヌは仕込みの段階で凍らせて仕上げまで思ったより溶けきらなかったのかな。

1回では食べきれず冷蔵庫に少し入れておいたり、食べながら室温に置いてみたりもしたのですが室温だと生クリームとシブースト部分は元々ゆるいのでだれてしまい、今回はムースリーヌとの調和はあまり感じる事が出来なかったのは残念でした。 

 

でもアイスケーキも大好きなので1切れ目はアイスケーキみたいで美味しー!と

うきうきしながら食べていたので美味しいことに変わりはないです!

淹れたてのコーヒーとはベストマッチでした!

 

こんなにボリュームもあるのに派手はキツイ印象ではなく、繊細さがしっかり感じられ、でも決して控えめではないところはさすがリョーコさん!と思いました。

 

持ち帰りなので、どんな状態で作り手さんは食べてくれるのが一番ベストだったんだろうという課題はありますが、また機会があったらいただきたいです。

 

でも、焼きりんごのタルトが気になります…(笑)

 

ごちそうさまでした!

 

 

焼き、艶が素晴らしい「タルトオポム」ロタンティック:マ・パティスリー

 

本日の美味しい出来事は伊勢丹新宿店のマ・パティスリー

通称マパテに出店中のパティスリーロタンティック  

 

本店は埼玉県の南浦和にありまして、遠いものの大好きなお店、とても好みの味、ケーキ類が揃っているので遠くても何度かは伺っているのですが、月1訪問を考えていたのに、中々伺えずマパテへの出店心待ちにしておりました。

夏と秋と出店感謝です!

 

夏のケーキも良いけれど茶色いケーキって魅力的で持ち運びも良くなってくる季節。

 

本題に戻りまして...

 

幸せでいっぱいになりましたタルトオポム

f:id:quatreheures:20191010212456j:image

5号サイズくらいでしょうか。

箱を開けると林檎の香りがふわ〜っと!

 

 f:id:quatreheures:20191010212452j:image

今見ても美味しそうです...

美しく並べられた林檎とツヤとこの焼き色

(あまりにも綺麗なので見て!という気持ちでブログ書き始めました(笑))

 

f:id:quatreheures:20191010212838j:image

薄くスライスされたりんごがぎっしり!

クレームダマンドがお店によって好みが少し自分の中で別れるのですが、ロタンティックへの絶対的信用で買いです!

だってピティビエ美味しいもんという小さな子供のような理由。

後悔はさせない美味しさです。

 

f:id:quatreheures:20191010213624j:image

パイはサクサクで食べ応えはあっても最後に重たさが残らない軽さ。

そして紅玉なので甘酸っぱさもあってアントルメなのにサクサク、サクサクと食べ進めていたら翌日まで残りません。

 

本店へ伺うとショーケースの生ケーキの種類がより増えるので選択肢が増えてしまいアントルメ買いって中々出来ないところですが、マパテだとやってしまう。マパテマジック。

 

ショソンオポムとはまた違うので、ぜひ10月15日まで出店しているのでアントルメは少し大きな...と悩んでしまう方がいたら勝手に背中を押したい!そんな美味しさでした。

 

長くなってしまうので、タルトオポムのみの記事で失礼致します。

 

ごちそう様でした!

シャンドワゾーのイートイン限定モンブラン!

 

本日の美味しい出来事は

川口から徒歩10分かからないところにあります。

シャンドワゾーグラシエショコラティエ

通称黒シャンへ行ってきました!

 

25日からイートイン限定のモンブランが始まるとのことで、事前予約は必要ではないものの予約して行ってきました。

 

モンブラン

f:id:quatreheures:20190926220922j:image

 

直球、シンプル、潔く。

 

たっぷりのマロンクリームの下にはなめらかでゆるめの無糖の生クリーム、上にはメレンゲ、スライスアーモンドと構成はとてもシンプル。

和栗のペーストが美味しいからそれを感じられるようにしたいとの事。

 

運ばれてきたときに香る和栗の香りはやっぱり秋を感じますし「これこれ、この季節!」とわくわくします。

そして想像よりもたっぷりと贅沢なこの栗の量!

(値段設定間違えていませんか...)

 

白シャンでお馴染みのモンブラン茨城県熊本県ブレンドだそうですが、こちらのイートイン限定のモンブラン熊本県産(利平栗)のみで濃厚に仕上げているそうです。

ちょうど前日モンブランをいただいたばかりだったので食べ比べみたいになって嬉しい。

 

このモンブランをいただく前に前日まで予約しておかないといけない黄桃のパフェをいただいていたわけですが、ちょっと待ち時間があったのでどうしたのかな?と思っていたらシェフ自ら試行錯誤しながらだったみたいで、

後でわざわざ挨拶に来てくださり、感想を聞いてきてくださいました。

 

アイスを入れるか入れないか色々悩んだそうなのですが、この和栗の香りがあまり感じなくなってしまったり、生クリームも栗を活かすためにお砂糖は入れないようにしているのにアイスはどうしても糖分が加わるため甘さが強くなってしまうのだとか...

 

f:id:quatreheures:20190926222238j:image

メレンゲは食べている後半はしんなりとしてしまうほど繊細でとろけるようか儚いメレンゲでした。

だからこそイートイン限定なのだと思いますが、もう少し食感があっても良いのかも。

 

でも美味しいことに変わりはないので、さらに美味しくなるならそれもまた楽しみですよね!

 

同日行った方でもそれぞれ違うスタイルになっていて投稿を見るのが楽しいです。

 

そして、良かったらといただいてしまいました。

栗きんとん?

ついに和菓子まで作られるようになったのでしょうか...美味しい。

そして緑茶も急須で淹れて下さって、これもしっかり美味しいんです。

ありがとうございます。

中に栗の角切りのようなものも入っていて、本当に美味しい...箱入りで和菓子みたいに販売されたら買っちゃいます。

f:id:quatreheures:20190926222212j:image

 

ほっこりした気持ちと美味しいもの食べて今日も元気になれました。

 

シャンドワゾーのイートインメニューが最近豊富になっていてパンペルデュもパフェも美味しいのでぜひ。

 

ごちそうさまでした!

 

ブロンディールの夏が今年も。:石神井公園

 

お久しぶりな投稿になってしまいました。

TwitterInstagram共にタイムラグがあったりしますが更新はしています。

 

Instagramに書こうと思っていたら長文になったのでブログに書いてみます...!

後はブロンディールとは関係なく思った事もぽつりぽつりと書いてみたり。

 

ではでは、まずは、本日の美味しい出来事!

今年もやっていただけて感謝!

ブロンディールのアシェットデセールです。

 

(自分も含め、皆さんそわそわして待ち望んでいました)

 

 

今回はその中でもこちら

f:id:quatreheures:20190906205937j:image

ウフ・ア・ラ・ネージュ グロスロムレザン添え

 

(去年よりソースたっぷりに感じるのは自分だけでしょうか)

 

f:id:quatreheures:20190906211207j:image
f:id:quatreheures:20190906211203j:image

溶けてしまうのでサクッと撮影は済ませるよう心がけているものの、美しすぎて見惚れてしまうフォルム。

 

フランス語でウフは卵、ネージュは雪です。

雪のような白いメレンゲの事を指しているんですかね〜素敵だ〜。

カシュっとする焼きメレンゲはもちろん、ムラシャンでその美味しさは知っているものの茹でたメレンゲはぽむぽむしていてまた別物。

 

この、ぽむぽむ感が好き。

ものすごい柔らかく儚そうなのに、ナイフで切ると少し弾力があるのでふわふわよりは自分的にはぽむぽむがしっくり。

 

焼きより茹での方が卵白臭さを感じそうですが、一切無いのがブロンディールですよ!

 

そしてスライスアーモンドの香ばしさとキャラメルのコク。

このキャラメルはそこまで苦めではないので、デセール全体の中では濃厚な甘さを楽しめる一品。

ラムレーズンたっぷりのアイスもこれだけでも極上。

個人的にはコーヒーと合わせるのが好きです。

 

ブロンディールのムラングについては色んな方が美味しい、美味しいと口を揃えて絶賛しているので、感想がかぶってしまうのはしょうがないですね、美味しいから。

 

ウフアラネージュをいただいて、「そうそう、この美味しさを教えてくれたのがこのお店。」と原点に気づけます。

 

少々行き過ぎかな?と思いながらもこれからも大事に大切に通いたいです。

 

そして、気づいたらパティスリーが桃から栗になりはじめていて、時間が経つのが早すぎて恐ろしいです。

伊勢丹ではもうクリスマスケーキの話が...

後は夏休み明けのパティスリーや、遅めの夏休みを取っていたりと様々。

 

ここからは思ったことをぽつりと...

お店の夏休み明けに、スタッフの方々が夏休み後に大変ご迷惑を〜っていうの、いつも本当にお疲れ様です。ありがとうこざいます。しっかり休んでリフレッシュして下さい...!と思っているので、大変ご迷惑を〜って日本の当たり前みたいなのかもしれないけど言わなくていいのになーって思ったりします。

お休み大事です!

本当に美味しいものをいつも完璧な状態で提供してくださり頭が下がります。

 

自分では趣味程度にお菓子を作る素人ですが、それでも実際に作ってみると、いかにあれだけの種類作るのが大変なのか何千分の1にも過ぎないですが、少し想像してみたりするんです。

 

食べる側の私はいつも美味しくて幸せなので、働く側も幸せになれたらいいのになーと思うのです。

 

f:id:quatreheures:20190906212128j:image

今年オープンの気になる京都パティスリーへ!LAMARCK:今出川

 

本日の美味しい出来事は弾丸京都!

今年の5月にオープンされたLAMARCK(ラマルク)

 

こちらに行きたくて行きたくて。

 

インスタの関連でたまたま写真を見て、美味しそうな自分が好きそうなケーキを作っているお店がある!そして京都...方向音痴の私でも場所的に行けなくもないぞ...と思い

新幹線に乗ってそのままびゅーんと気づいたら本当に訪れていた、という不思議な感覚と自分でも驚く行動力!

 

 

f:id:quatreheures:20190731170817j:image

今出川駅から歩いて5、6分のところにあります。

早く着いてしまったので場所を確認して暇つぶしていたらオープン前に並んでいる方がいらっしゃって少し焦りました。

 

ケーキが並んでいるショーケースの右側には焼き菓子もいくつか並んでいました。

 

気になっていたケーキがいくつか売れて無くなってしまいましたが、全部食べたいと思うケーキしかないのでむしろ良かったのかもしれない。

全部はいただけないので、これで諦めがつくという謎の安堵。

 

いつも店内でいただく際に数個ケーキを頼むのは少し恥ずかしいのですが、このために来たのだからと4品注文!

 

ケーキが温まってぬるくなると悲しいなと思っていたらお店の方から聞いてくださり、2個ずつだしていただきました。

お心遣いが嬉しいですね。

 

紅茶を頼んで、それではまず2つはこちら!

 

f:id:quatreheures:20190811113833j:image

華やぐ森の香り

 

ベースは抹茶のオペラなのですが、グレープフルーツと組み合わされていて、これがとても美味しい!

抹茶の苦味×グレープフルーツの苦味でだから合うのね!と感動の美味しさ

個人的にはコーヒーのオペラよりこういうほうが好みなのですごく好き。

パリッとするチョコレートの層もまた美味しい

 

f:id:quatreheures:20190811113845j:image
ラズベリーと桃のショートケーキ

 

先ほどのケーキと生地もクリームも真逆でふわふわ。

ショートケーキはふわふわ〜なところがまた幸福感増します。

桃ってすごく美味しいし好きですが、何かと組み合わせるとちょっとパンチにかける果物な気がしていて(繊細なだけに)だからこの甘すぎない生クリームにきゅんとするラズベリーが最高に美味しいんですよね。

 

f:id:quatreheures:20190811113811j:image

タルトアナナ

 

シロゴマンゴーとかなり迷いましたがレモンの酸味が恋しくて。

タルト生地は、自分の好きなタイプで硬さもありつつサクッと。

中のパイナップルとレモンのクリームはレモン強めで酸味がありかなりゆるめのクリーム。

中心にはホワイトチョコのクリーム。

パイナップルが熟しているからか甘くて、とっても良く合っていて美味しい。

上の白ワインのゼリーがライムが香ってとっても爽やかな夏のタルトでした!

タルトが美味しいので、焼き菓子もきっと美味しいはず!

(あまりの猛暑で常温で大丈夫な焼き菓子も先が長かったので心配で今回は諦めました]

 

f:id:quatreheures:20190811114440j:image

エギスアイム

 

真っ白でつやつやな見た目ですが切ると真っ赤なフランボワーズのクリームが...!

ミルキーで濃厚な甘さに包まれたフランボワーズの酸味と、バラ、スミレの香りがしっかりします。

今回食べた中では1番甘めになりますかね。

この調和がなんとも優雅でおしゃれな香り。

最近ニースで買ってきたスミレのお茶を開封して飲んだばかりだったので、まさにあのスミレ...!

シェフはフランスにあるエギスアイムという街をイメージして作られたんだそう。

思い出は違うにしても、私のフランスの思い出も思い出させてくれる美味しいケーキでした。

 

そして、このケーキ断面がとても綺麗だったのですが、綺麗に撮れなかったというより美味しくて無我夢中だったので諦めました。

食べた方のお楽しみということで...

 


今回弾丸で京都行きを決めた理由のひとつがここに来たかったからなのです。

 

 

イートインが無かったら場所的に中々辛いところですが、こちらはあるので旅行者としてはありがたい。

 

お二人でやられているのでお客さんが一気に来たときは忙しそうでしたが、とっても居心地も良くて来て良かった〜と心から思えました。

 

そしてお持ち帰りだと風呂敷のような包みをしてくれるのが斬新で可愛い!

 

今回絞って4品でしたが、本当なら全部いただいてみたかったです。

 

また好きなお店が一つ増えたので

絶対京都へ行ったらまた行きたいです。

f:id:quatreheures:20190811114037j:image

真夏になる前の鎌倉へ!パティスリークグラパン:鎌倉

 

本日の美味しい出来事は本店が鎌倉にあります。

パティスリークグラパン

f:id:quatreheures:20190723114213j:image
f:id:quatreheures:20190723114218j:image

 

マパテで購入したことはあるので美味しい事はわかっていましたが、ここは鎌倉まで足を運ぶべきパティスリーだなと実際に行って思いました。

 

カフェメニューもいくつかあるので行かないといただけない魅力もありますし

外観、内装、本当にラパン!うさぎだらけなのです!

f:id:quatreheures:20190723114236j:image

クグラパンはクグロフ+ラパンというだけあってクグロフ型モチーフのお菓子もたくさんで、新作のスペキュロスまでクグロフ型です。可愛い。

 

思っていたより店内は広く、席数もあるので混雑がなければゆったりできそうです。

私が伺ったときはお客さんがあまりいなかったのでケーキとパフェ両方注文。

 

ショーケースの中全部下さい!と言いたい気持ちをおさえ2つ。

 

まずはパフェから…

f:id:quatreheures:20190723113656j:image
f:id:quatreheures:20190723113652j:image

季節のパフェ

特に名前という名前はなく、「柑橘のパフェです」とのこと。

可愛い!うさぎさんの耳はメレンゲ

 

土佐小夏とグレープフルーツの果肉、赤スグリ、シャンティ

上にあるクグロフはピンクグレープフルーツのソルベ

自家製バニラアイス、パンナコッタ、柑橘のジュレ、底にはグラノーラ

 

パフェ氷は写真があったのですが、季節のパフェは写真がなくわくわくして待っていたらこんな可愛いパフェは運ばれてくるなんて…

 

クグラパンの常にうさぎモチーフや、クグロフ型がどこかで使われているのが可愛すぎます...!

 

クグラパンの好きなところは可愛いだけじゃなくてすごく美味しいところ。

近くだったら絶対通ってました。

 

f:id:quatreheures:20190723113731j:image

ラニテやゼリーの割合が多いのきーんと冷たいパフェよりこういうパフェのほうが好きです。

パンナコッタのミルキーさ、バニラアイスの濃厚さに柑橘系のほろ苦い感じがよく合います。

中にピール入りのコンフィチュールかな?も入っていてさらにそれがほろ苦甘で最高でした。

 

 

これものすごく美味しいので、クグラパンはマパテのみの購入でしたがカフェメニュー、個人的におすすめです!

クグロフのフレンチトースト?みたいなのもあるみたいでそちらもいただきたかったなー。

 

お次はケーキ

f:id:quatreheures:20190723114051j:image

おまけ付きなのが嬉しい。

しっかり苦味もある濃厚なチョコケーキで美味しかったです。

(販売されている、どの商品なのか聞けば良かった…)

 

f:id:quatreheures:20190723114106j:image

ペーシュ

ラスト1個でした。

まるごと桃のコンポートにむちっとした舌触りのカスタードが詰まっています。

みずみずしく肉厚で甘い桃に対してカスタードはしっかりめ。

すごく美味しいのですが、ケーキとして考えるとスポンジ生地や、パイなどなにか工夫があるもののほうが個人的に好きなのかなと。

桃が食べたいのか、ケーキが食べたいのか…という点で違うのかも。

 

f:id:quatreheures:20190723114121j:image

タルトフリュイ

もう無いと思っていた大好きなピスタチオ×チェリーに会えました!

タルトもサクサクでピスタチオ入りのアーモンドクリーム

香ばしく豆豆しさを感じるピスタチオクリームにチェリーがたくさん。

焼き菓子が美味しい=タルトも美味しいだと思っていて、クグラパンのクッキーアソートの缶も購入したことがあるのですがそちらもすべて美味しく、言うまでもなくタルトも美味!

 

今年はそこまでチェリー楽しめずに終わってしまってしょんぼりしていたので間に合って嬉しかったです。

 

今年は天候によって桃の入荷も難しいみたいですし、スーパーに行くとわかりますが野菜も高い…

パティスリーにも影響が出そうですよね。

今年は桃ケーキどれくらい食べれるかなぁ。

 

色々なお店で桃パフェが出る中柑橘のパフェとっても美味しいので、本当に鎌倉へ行かれた方はぜひぜひ!

 

ごちそう様でした。

 

 

quatreheures.hatenadiary.jp

 

 

quatreheures.hatenadiary.jp

 

 

シャンドワゾーはミルフィーユもやはり大きい!:川口

 

 

本日の美味しい出来事は川口駅から徒歩数分

シャンドワゾーグラシエショコラティエです!

f:id:quatreheures:20190705164005j:image

 

ミルフィーユ始めましたのお知らせが出たと思えばたくさんの写真が投稿される人気ぶり。

 

それよりシャンドワゾーがインスタを始めてからというものの誘惑がすごい。

お菓子に対して熱く語られているあの文章も好きです。

 

私も行きたいのに...!と思いながら中々伺えずでしたが、ようやく、ようやくですよ!

 

シャンドワゾーはありがたいことに白シャン(ケーキ等販売しているお店)は火曜営業していることがほとんどなので何度か足を運んでいたのですが、グラシエの黒シャンは火曜休みなので火曜に動ける身としては中々埼玉方面へ行けませんでした...

 

乗せるアイスは何にしようかな〜と電車の中でわくわくしながら向かいます。

 

 

1つはフランボワーズときめているんですけどね♪

 

白シャンで買ったヴェリーヌピスターシュをいただきながら待ちます。

f:id:quatreheures:20190705164146j:image

 

マパテに来た時いただきたいものがたくさんありすぎて前に見かけたけれどいただけなかった念願のヴェリーヌ。

ピスタチオはもたっとなめらかで豆豆しさもあるのですが上のグレープフルーツがとってもさっぱり!

これはとてつもなく美味しいです!

そして好き。私が好きです!

ピスタチオとグレープフルーツってあまりない気がしますが、美味しいんですね〜

ミルフィーユを頼む予定で来てたのでお供に選んだのは正解でした!

 

 

そして少々待って運ばれてきたミルフィー

結果はこちらの二種です!

f:id:quatreheures:20190704135005j:image

フランボワーズ、アールグレイ

 

 アイス単体では他にも気になるお味はたくさんありますが、相性を考えまして…

我ながら良い組み合わせ!

 

運ばれてきてまず思うのがとても大きいです。

やっぱりシャンドワゾーのケーキは大きい(いつも言う)

フィユタージュは厚めで3枚と豪華!

さくさくとも少し違う…空気を含んでいて軽い

ミルフィーユって少し食べづらいですがこちらはスパッと切れるんです。

生地は焼いた香ばしさより小麦のいい香りがしっかりします。

間のディプロマットクリームが生地とは反して少し重めで濃厚な印象

それでも切ったときに一体となるのがすごい…

 

フィユタージュは軽いのだけど総じて軽いミルフィーユではない。

 

しっかりと食べごたえのある”シャンドワゾー”のミルフィーユだ!という感じがしました。

 

ピーチメルバがはじまるそうですが、ミルフィーユはお休みになってしまうのかな?

それもあって急遽食べに来たのもあるのですが、楽しみだけれどそれも少しさびしいですね~美味しいので!

 

今年の初桃はスーパーで買った桃でしたが、もうとても甘かったのでスイーツになった桃も楽しみです。

 

f:id:quatreheures:20190705164035j:image