本日のおいしい出来事。

たべもの記録や旅行記。※すべて個人的感想です

パティスリーエスはサロンとは違った顔ぶれ!:京都

 

 

quatreheures.hatenadiary.jp

 

初日はエス サロンに行きましたがこの日はエス

 

前日閉店間際に場所確認のため行ってみましたが、生菓子はすべて完売しましたと貼り紙があったのであわよくば残っているケーキを...というわけにはいきませんでした(笑)

 

pâtisserie S (パティスリーエス)

サロンとは仰っていた通り違うケーキが想像よりもたくさんあり迷いました。

3品にしぼって注文!

f:id:quatreheures:20181112122208j:image

 


f:id:quatreheures:20181112122211j:image

ムラングシャンティキャラメル

まんまるのメレンゲが可愛らしい

中に空洞があり、さっくり甘いメレンゲに少しほろ苦いキャラメルクリームがたっぷり。

キャラメルクリームは苦味はそこまで強くないですがコクがあってまろやかで美味しい。

メレンゲが甘いのでシンプルなほうも食べてみたいです♪


f:id:quatreheures:20181112122214j:image 

タルトシトロンヴェール

さっくりしたタルト台にはレモンとライムかな?のとろとろしたかなり緩めのクリームは酸味が強くて美味しい!

そこにふわっとしたメレンゲにライムの皮のいい香りが広がります。

もっとタルト系もいただきたかったなー...


f:id:quatreheures:20181112122220j:image

店名のついたケーキ エス

 

絶対いただかないと...!

こちらはサロンのほうにもありました。

小さいアントルメのような綺麗な絞りがなんとも可愛らしい。

ふんわりやわらかいフロマージュムースに少し感じるレモンと中からフランボワーズとグロゼイユの甘酸っぱいソースが入っています。

フロマージュ系のムースって飽きがちなのですが、酸味強めの甘酸っぱいソースが合っていてすごく美味しいです!

すこーしだけ感じた苦味はグレープフルーツもしのばさているからだそう。

プチガトーの中に色々詰まっていて凝っていますよね!

 


f:id:quatreheures:20181112122217j:image

ガレットデロワ

なかなかの大きいワンカット!

お持ち帰り用に包んでもらい、帰りの新幹線でいただいたのですが、上が剥がれてしまいました、残念。

本当はもっと美しい焼きが施されています。

長い間持ち歩きましたが周りは剥がれてしまうほどパリパリしていて中のダマンドはアーモンドの甘いいい香り。

シンプルにすごく美味しいですし、1カットで売られているお店をあまりみかけないので嬉しいですね。

 

まだまだいただきたいケーキがたくさんありました(何回も言ってますが)

ここに書きながら本当に美味しかったなぁと振り返り、また幸せを感じられるのもブログを書く醍醐味だったり。

 

また更新します♪

 

quatreheures.hatenadiary.jp

 

quatreheures.hatenadiary.jp

 

quatreheures.hatenadiary.jp

 

quatreheures.hatenadiary.jp

 

 

グランヴァニーユで上品で素敵なムースとモンブラン:京都

 

本日の美味しい出来事は京都スイーツ旅のつづきです。

烏丸御池駅から歩いて5分くらいのところにあります。

 

f:id:quatreheures:20181111191409j:image

grains de vanille グランヴァニーユ 

 

イデミスギノ出身のシェフが作られたケーキはエベレストなど、見かけた事のあるようなケーキ、タルトのような品もありましたがやはりムース系が多い印象。

イデミスギノは何度か訪れていますが、ムースケーキの美味しさに感動し、あのシックで大人な雰囲気も込みで好きなお店なので京都に来たら絶対行きたいと思っていたので嬉しいです!

 

キラキラしたケーキがずらりと並んでいて店内は白っぽく上品で明るい印象。

 

f:id:quatreheures:20181110191501j:image

モンブラン

愛媛の栗を使った和栗のモンブラン

グランヴァニーユに行く事が出来たらいただきたかったので嬉しい♪

和栗の香りは優しめでほろっと繊細

良く焼きで少しかためのさっくりしたメレンゲの上には少しかっちりめのシャンティがたっぷり。

シンプルな構成で、美味しいモンブランですが個人的にはもう少しマロンクリームの量が多かったら嬉しいなーなんて。(栗好きのわがまま)

もちろんモンブランとしては最高に美味しいモンブランです!

夕方で私のときはラスト1個でしたが、人気なようで新たに作られてショーケースに並びはじめていました!


f:id:quatreheures:20181110191505j:image

シードルカシス

個人的に好きそうなケーキを発見!

シャキッとフレッシュ感のあるりんごのソテーはシードルが効いていて香りも良いです。

下のカシスムースの層は厚めですがカシスが前面に主張してこないのでりんごが負けてしまう事がなく、間のショコラ生地もほんのりで全体的バランスが良くて調和が取れているケーキ。

こちらもかなり気に入りました!

 

やっぱりムースケーキ美味しいですね〜

 

平日でもイートイン席は空いては満席を繰り返していて、運良く待たずに座れて良かったです。

本当に歩ける範囲にこんなにたくさん美味しいケーキがあるの羨ましいですね!

 

 

quatreheures.hatenadiary.jp

 

 

quatreheures.hatenadiary.jp

 

 

quatreheures.hatenadiary.jp

 

 

quatreheures.hatenadiary.jp

 

 

 

 

 

念願のタンドレスはお洒落なケーキがたくさん!:京都 一乗寺

 

本日の美味しい出来事もまだまだ続きます「京都スイーツ旅」記録。

 

quatreheures.hatenadiary.jp

 

 

↑ここからさらにさらに歩きまして一乗寺方面へ向かうと...

 

f:id:quatreheures:20181105170418j:image

パティスリー タンドレス

 

ここだけはホテルからかなり離れているのと営業日が土日月のみなので日程を組むのが少し大変でした...ですが、念願のタンドレス!とっても嬉しいです♪

行かれる方はここは一日かかるかな?くらいでゆったりと計画したほうが良いと思います。

ちなみにバスを使えば一乗寺木ノ本町からは5分ほどにあります。

 


f:id:quatreheures:20181105170422j:image
f:id:quatreheures:20181105170354j:image

 

オープン前ですが並んでいました。

整理券を素敵なマダムが配ってくださいます。

 

気になっていた「ルガン」というマロンとショコラのケーキは目の前で完売。

早かったです...

でもいただきたいケーキがたくさんあり、選びきれなかったので心のどこかでほっとしました(笑)

 

イートインは13:00から

まわりで暇をつぶすのも大変なのでホテルに持ち帰っていただきます。


f:id:quatreheures:20181105170345j:image

 

ホテル到着。なんだかんだ時間がかかってしまったのですぐに冷蔵庫に入れます!

こちらのお店では生菓子の食べごろの温度が記載された用紙をいただけるのでその通りにいただきました。


f:id:quatreheures:20181105170407j:image

ルーロー・ピスターシュ

筒状のアーモンド生地は、パイ生地のようなバター感はあまりなく、とても軽くて美味しいです!

中にはたっぷりのピスターシュバタームース。

こちらも軽い口溶け。

豆っぽいピスターシュとは少し違うかな?あまり私がいただいた事のない香りのピスターシュでした。


f:id:quatreheures:20181105170341j:image

オペラ・ノワゼット

カリカリのヘーゼルナッツのビスキュイが香ばしく上の生地だけでなく、下の生地もカリカリしていて贅沢!

ヘーゼルナッツのクリームに濃厚なミルクチョコのガナッシュが間違いない自分の好きな組み合わせ。

とにかくナッツが濃く、ガナッシュにも負けていないところが好きです。

 


f:id:quatreheures:20181105170350j:image

プレジタン・ポティロン

断面はナイフがないので撮っていないのですが上と下に二層でアーモンドのメレンゲが入っていてカリカリとしていて最後の方にアーモンドが香ります。

中に入っていてチョココーティングも無しに食感が変わらずカリカリサクサクしているのがすごい!と思ったのは私だけでしょうか?

 

かぼちゃのバタームースも軽い仕上がりでかぼちゃは飽きが来てしまうことがある中工夫されていてとっても美味しいです。

 


f:id:quatreheures:20181105170414j:image

ヌガノワ

フランス産のくるみが贅沢に焼き込まれているビスキュイに甘さ控えめのふんわりした生クリーム、間にヌガーがサンドされています。

そのまま食べると生クリームが出てしまうので倒して召し上がってくださいね、との事だったので倒していただきます。

間の生クリームはたっぷりですが、ちゃんと計算されたバランス。

飽きも来ないですし、これも美味しくないわけがない個人的に好きな組み合わせでした!

 


f:id:quatreheures:20181105170401j:image

シャンプノワ・オ・プラリーヌ・ローズ

(冷たくして、冷蔵庫から取り出してすぐと用紙にあったので冷え冷えでいただきます)

見た目の美しさが...うっとりするほど綺麗

 


f:id:quatreheures:20181105170337j:image

上から見ると金粉まで...!

 プラリーヌ・ローズの綺麗なピンク色のカリッとしたダックワーズにシャンパンの効いたバタームースがすごくいい香り。

そこにフランボワーズの酸味と甘いジューシーな白桃

どれも美味しかったのですがこちらのケーキが一番衝撃でした。

見た目も華やかですが味までお洒落。

 

 

初めていただいたタンドレスのケーキ

もっと複雑なものばかりかと思っていましたが色々な組み合わせでもまとまりがあり、繊細なつくりで何をいただいても美味しかったです。

今回いただいたバタームース系は濃厚なのですが想像より軽い仕上がりで食べやすかったです。

 

本当だったらお家で素敵なお皿にのせてゆっくりといただきたいケーキでした。

 

ごちそう様でした!

 

 

 

 

quatreheures.hatenadiary.jp

 

 

quatreheures.hatenadiary.jp

 

 

下鴨神社まで甘いお散歩コース「ふたば」「ラ・クラシック」:京都

 

本日の美味しい出来事も京都スイーツの旅です

 

一様目覚ましをかけましたが、ものすごく早起きしてしまったのでお散歩がてらタンドレスまで歩くことに(かなり遠いのでおすすめはしません)

 

せっかくなので自分的甘いお散歩コースを作り、決行!

まずは朝からやっている有名なふたばさんへ

並んでいても手際がとても良いのであまり待ちませんでした

 

f:id:quatreheures:20181105175107j:image
f:id:quatreheures:20181105175103j:image 

昔らしい味のある風貌で素敵。

和菓子も好きで、時々催事で来ていますが並びがすごいのであまり買おうと思ったことがなかったので京都の空気と共にいただけて嬉しい!


f:id:quatreheures:20181105175127j:image

豆大福と季節限定の栗餅

 

近くに鴨川があり、座るところがあるのでお茶を買っていただきます。

豆感が強くしっかりしたお豆の炊き加減

餅じたいの甘さは素材のお米の甘みで、中のあんこもほどよい。

とろっとしたお餅ではなく、むちっと歯切れが良いタイプですごく好きです!

栗餅は上に大きい栗がひとつのっていて、中は同様甘さ控えめなあんこなのですが、栗の香りがすごく強くて、栗にも甘みはあまりつけてないかな?

栗本来のほくほくとしたお味

日本人だな〜と噛みしめる美味しさです!

伊勢丹や、新宿高島屋でも近々予約販売で京都から届くそうなので食べたくなってしまいます。


f:id:quatreheures:20181105175122j:image

そこから歩いて下鴨神社方面へ向かうと...

すぐ近くにありました!

La KRASSIQUE(ラ・クラシック)

 

ふたばとラ・クラシックまでは全然歩けるかと...

 

オ・グルニエ・ドールのお弟子さんが8月30日にオープンしたばかり

ずっと開店準備をされているときから気になっていたので来られただけでも嬉しいです!

 

ショーケース内のケーキの種類はそこまで多くないのですが、焼き菓子系がたくさんありました!


f:id:quatreheures:20181105175445j:image

モンブラン

イタリア産の焼き栗は、"焼き"というだけあって香ばしさとほろほろとしている部分がどこか少しだけ和栗のような...

食感はねっとり系ではなく、ふわふわでほろっとしていて空気を含んだようなマロンクリーム

そこにラム酒のふわんとした香りが。

メレンゲが大きめでサクッとしていて、そこに甘さのない生クリーム、マロンクリームとシンプルな構成。

とっても美味しかったです!


f:id:quatreheures:20181105175500j:image

和栗の焼きモンブラン

こちらは熊本県産の栗を使用

アーモンドクリームにカスタードかな、中に焼き栗も入っていて

全体的にまとまっていてしっとりしていてとっても美味しいです。

モンブランは持ち帰りが難しくても焼きモンブランなら持ち帰りしやすくて良いですね!

 

アップルパイ

津軽りんごのアップルパイ

周りの生地がサクサクで軽くて美味しー!

りんごもざくざくたくさん入っていて、食感も残りつつ、かなりシンプルで美味しい

 

思っていたよりイートインの席が広々としていて10席ほどあり、雰囲気も素敵なお店でした!

 

10時開店ですがイートインは一様11時からとの事でした。


f:id:quatreheures:20181105175454j:image

(写真は許可をいただいて撮りました)

焼き菓子もたくさん並んでいましたし、実際にいただいてみて焼き菓子系がさらに気になりました!

そうなるとタルト台も美味しそうなのでタルトも気になる...

タルトだけちょっと大きめだったんですよね。

また京都に行った際には訪れたいパティスリーです

 

 

quatreheures.hatenadiary.jp

 

quatreheures.hatenadiary.jp

 

 

 

 

Pâtisserie S salon(パティスリーエスサロン)のはらはらミルフィーユが絶品です!:京都

 

 

quatreheures.hatenadiary.jp

 

京都スイーツ旅 お次は

Pâtisserie S salon(パティスリーS サロン)

 

f:id:quatreheures:20181105224539j:image

 

パティスリーSとサロンは少し離れていますが個人的には全然1日に両方まわれる距離で、こんなに魅力的なお店が密集しているなんて…この辺に住んだら通ってしまいそう

 

 

f:id:quatreheures:20181105170634j:image

サロン限定でイートイン限定のミルフィーユマルサラ

 

注文してから組み立てて作ってくださいます。

それだけでも特別感があってわくわくです


f:id:quatreheures:20181105170630j:image

はらはらと落ちるので垂直にナイフを入れると綺麗に切れますと教えていただきました。

サクサク、はらはらとしていては焦げ臭さはなくとても繊細で厚めながら軽いパイ生地。

マルサラ酒とバタークリームがすごく美味しくて、やわらかくなっていく過程もゆっくりと楽しめます。

そこにリモンチェッロ(レモンリキュール)のジュレがきゅんとした酸味と少しの苦みが爽やかでありながら深い味

ミルフィーユって食べるの少し恥ずかしいのですが店内だからこそ、作り立てだからこその感動がありますよね!

 

 


f:id:quatreheures:20181105171646j:image

モンブラン

京都でも和栗のモンブラン食べられるかな?と思っていたので嬉しいです!

 

切ってみると↓
f:id:quatreheures:20181105170626j:image

サイズ感は小さめで、シンプルにメレンゲ、生クリーム、マロンクリーム

京都 丹波栗をつかったマロンクリームが少しほろっとしていて、和栗の良い香り!

たくさんマロンクリームが絞られているので堪能できます。

メレンゲもかしゅっとしていて、美味しいモンブランでした。

 


f:id:quatreheures:20181105171611j:image

マーテル

こちらも可愛い見た目ですがお酒の効いたケーキ

マーテルコルドンブルーというコニャックの香りのバタームースに黒糖バナナとキャラメルヌガーが中に入っています。

カロン生地はねちっとしているので半分に綺麗にきれなかったので写真はありません。

 

全体的に今回いただいたケーキの中ではお酒も甘味も強めで優しい色合いですが濃い、しっかりと主張のある味。

バタームースのまわりのココナツの香りとシャクシャクする食感に黒糖バナナは少しトロピカルな感じもしますが、中のキャラメルヌガーがかなりしっかりしていて苦味もあり濃厚なケーキでした。

この厚みは全部バタームース?!と思ったのですが食べてみるとそんなにバタームースのガツンとした重さはなく軽く飽きのこない味

トップに振り掛けられているシナモンが良いアクセントになっていました。

 

 

サロンのほうはバターやムースを使ったケーキを多く出しているそうで、後でまた記事にしようと思いますが、エスエスサロンだと並んでるケーキが違うものも多いのでどちらに行っても楽しめます♪

 

ミルフィーユはもちろんですが、マーテルも今のところサロンでしか出してないとの事でした。

 

モルガンというケーキもピスタチオとラムレーズンという大好きな組み合わせでかなり気になりましたが、まだ次もあるのでぐっと堪えます...

 

わかりやすく、ものすごく簡単な言い方になってしまいますが個人的に「好きな味」

京都滞在中、実は2回伺いましたがまた京都に行った際には絶対伺います!

 

京都スイーツの旅の初日はナンポルトクワへ!:京都(四条)

 

京都スイーツの旅を満喫してきました!

結論を先に言うととっても素敵で楽しくて、行って良かったです。

スイーツの旅と言いつつかなり京都を満喫して、お寺や神社、お食事系まで楽しんできました。

 

かなり多いのでいくつかに分けながら自分の記録としても更新していけたらなと思います。

 

 

まずは、新幹線にあったら買いたかった

車内販売限定 オーボンヴュータン

プティフールセック

f:id:quatreheures:20181104123219j:image

1種類ずつ色々入っていてちょうどいいサイズ感。

コーヒーも頼んでスイーツに始まりスイーツに終わるという私の理想通りの始まりです!

真ん中の筒状のものは中からチョコクリームがとろっと出てきて美味しかったです。

売り切れ御免の商品ですので、出会えたらラッキーかもしれませんね

 

 

f:id:quatreheures:20181104123101j:image

あっという間に京都到着です!

京都から乗り換えて、四条駅へ

そして、ホテルに大きい荷物を預けて向かった先は...

 

 

f:id:quatreheures:20181104123117j:image

N'IMPORTE QUOI (ナンポルトクワ)

フランス語で"なんでもあり"という意味です

開店20分前で5番目くらいでしょうか。

開店5分前には結構後ろに列が出来ているようでした。


f:id:quatreheures:20181104123108j:image

中には開店祝いでたくさんのお花が...!

 

ショーケースはそこまで種類は多くありませんが、お洒落なディスプレイでした。

あまり悩んでる暇がなさそうだったのでサクッとショーケースから3品とレジ横の焼き菓子の中からマドレーヌをチョイス

 

通路にカウンターのような場所があったのでそこがイートイン席になるかもしれませんが(まだ未確定です)今は店内では食べる事が出来ないのでホテルに持ち帰って食べる事に


f:id:quatreheures:20181104123112j:image

 

f:id:quatreheures:20181104123332j:image

タルト・パンプル

ジューシーな2種類のグレープフルーツがごろごろと上に乗っています。

グレープフルーツなので酸味は強いですが、甘味もしっかりあって苦味は少なめ。

下のシチリア産のピスタチオのタルトは甘めでしっとりとしてグレープフルーツの酸味が強いのでよく合っていて美味しいです。


f:id:quatreheures:20181104123317j:image

りんごのタルト

大きい!

青森県産のりんごと生クリーム、砂糖、バター

シンプルで直球に美味しい!

りんごは薄切りなスライスだけどジューシー感はしっかりしているのにタルト台は少しパイのようにはらりとしていてサクサク

ん〜何個でも食べたいです!

皆んなに愛されるりんごのタルトです


f:id:quatreheures:20181104123324j:image

ジャスミンティーのクレーム

瓶に入ってる品は4、5種類あったと思います。

 

f:id:quatreheures:20181104123328j:image

かなりとろとろのゆるーいジャスミンティークレームにサクサクのフレークがのっていて、そんなに重くなくてほのかにジャスミンの甘いクレームにうっとりとします。

 

出来ることなら全種類いただいてみたい...!

ヴェリーヌフロマージュも美味しそうだったな〜

 

f:id:quatreheures:20181104123505j:image

まだ看板があったので記念に!

一回は行ってみたかったです...残念。

 

錦市場の近くなので場所も分かりやすく、アクセスも良い方かな?と思います!

ナンポルトクワだけではなく、市場のほうも楽しめそうですし、周りには美味しそうな誘惑がたっくさんありました♪

 

まだまだスイーツ旅は続きます!

 

 

こだわりと美味しさがつまったジュンウジタの焼き菓子:マ・パティスリー

 

 

quatreheures.hatenadiary.jp

 

本日の美味しい出来事は前回のつづきで目黒(学芸大学駅都立大学駅)の

ジュンウジタの焼き菓子です!

 

マパテではコンベルサシオンがどんどん売れていて人気なようでした。

コンベルサシオン、オーボンだと中に洋梨が入っていたりお店によって違うので色々食べてみるのも楽しいかも。

ちなみにジュンウジタのはシンプルなアーモンドパイです。

 

全部いただけるならもちろんいただきたいですが、美味しく食べられる量がベストだと思っているので生菓子もありましたし

ジュンウジタからマパテに来ていた店員さんおすすめのポンポネット2品ともう少し日持ちのする焼き菓子コーナーから2品チョイスしました!

 

 

f:id:quatreheures:20181026075654j:image

アマンディーヌ

どちらも可愛らしいプチサイズ。

艶のあるジャムコーティングは酸味が強すぎなくて甘酸っぱくて美味しいです

f:id:quatreheures:20181026080124j:image

アーモンドタルト生地が私自身もすごく美味しいなと思いましたが、店員さんもアーモンドクリームが美味しいのでおすすめとの事。

ジャムは下のほうに少し入っているので、ジャム入りだとジャムに消されてしまうかな?と思いましたが、そこまで主張が強くないのでしっかり生地の美味しさを味わうことが出来ます。

トップのスライスアーモンドも香ばしくて美味しいです。

 

 

f:id:quatreheures:20181026075715j:image

タルトショコラ

このタルトショコラ驚くほど濃厚です...!
f:id:quatreheures:20181026075718j:image

ブラウニーのような生地というか、少し粉っぽさがあるタイプかと思っていましたが、テリーヌのようにねっとりと濃厚で小さいサイズながらかなりずっしりと重いです。

シェフはカカオ豆からショコラを作り、それをまたお菓子にしていくという力の入れよう...!

 

そのため、今回購入していませんがショコラのエクレアはスペシャリテとして出している自信作との事。

 

とっても美味しいので、チョコ好きな方には食べていただきたいな〜!

 

 

f:id:quatreheures:20181026080853j:image

フィナンシェ

アーモンドとヘーゼルナッツがふんだんに使われていて、すごくしっとりとしていて濃い!

ナッツ好きならきっと好きなフィナンシェ。

こちらも店員さんにおすすめしていただきましたが買って良かったです。

バターが香るフィナンシェではなく、ナッツの香りが強いです。


f:id:quatreheures:20181026081503j:image

ダフィノワ

スイスでいうエンガディーナ。

こんなにくるみが入ってるなんて贅沢ですよね。

甘ったるいだけじゃないキャラメルヌガーは少し塩気を感じるものでかなり私の好きな味です。

私の好きなあまじょっぱさアリです!(笑)

 

食べ終わってしまうと美味しくて「もっと食べたい...」と思いますがそれも今度本店へ行く楽しみにとっておこうと思います。

 

当たり前かもしれませんが、働いてる店員さんや、シェフがこれ美味しいんですよ!と自信を持って仰ってくださるとなんか気持ちが良いというか、嬉しいというか...

より一層美味しく食べられる気がします!

ケーキの味が美味しいのはもちろんですが、そのとき話してくれたそのケーキが出来るまでのエピソードとか聞くのってすごく好き。

 

京都でパティスリー巡りの予定なのでそちらも更新出来たらなーと思っています!

(東京を離れるときにかぎってフランス展があって少し後ろ髪を引かれますが...)

 行ってきます!